会社案内
設計実績
業務内容
相談窓口
問い合わせ
関連リンク
SUBMENU
会社案内
代表者紹介
スタッフ紹介
コラム
私の考える住宅
私のスケッチ集
代表者紹介

HIROKAZU YOSHIDA
主に2×4工法の戸建住宅を中心に、医院・店舗など年間20〜30棟の設計を手掛けています。上質でごだわりのある「ONLY ONE HOUSE」をお手伝いします。

インフォメーション
NEW! 2004年5月1日
建築家認定評議会により登録建築家(20400766)に認定されました。
[登録建築家ホームページ] [登録情報]

プロフィール
● 1956年 宮城県石巻市生まれ
● 1979年 明治大学建築学科卒
● 1979年 殖産住宅相互株式会社
● 1985年 吉田設計室開設、吉田土地家屋調査士事務所も併設
● 1988年 (有)吉田建築研究所に改称
● 2002年 土地家屋調査士廃業、設計事務所に専念する

資格
● 一級建築士(No.161670)
● インテリアコーディネーター(840106A)
● インテリアプランナー(89-23562)
● 宅地建物取引主任者
● 土地家屋調査士(2003年6月現在業務はおこなっておりません。)

加入団体
● 社団法人 JIA日本建築家協会正会員(No.9501860)
● 社団法人 宮城県建築士会会員

ごあいさつ

この度は吉田建築研究所の公式サイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。

「いつも軽快で、機能的で、無駄も無く、誰の真似もせず、 常に革新的で、それでいて現実を見失わず、普通に作っても 知性的であり続けること」 これは、有名なオランダの自動車評論家が、ある自動車メーカー (ランチア)を称えて書いた一説の抜粋です。私の求める設計の理想像もそこにあります。

作り出す物は違っていても、その思いはあい通じるものがあるような気がします。 住宅とはある意味エゴの塊みたいなものですが、それでいて普遍的で あり続けなければならないところもあります。

基本をしっかり押さえて、あとはこだわりをどのように表現するか、 そのプライオリティ(優先順位)を見つけ出す事が、より良い住宅、又より個性的な住宅を生み出す最大の要因になると私は考えます。
  このページの先頭へ ホームへ戻る
   
© 2003 Yoshida Architect & Associates Allright Reserved.
マイスタープロジェクト